甘いもので内祝い

内祝い

スイーツを選ぶ

結婚や出産などの内祝いですが、スイーツが選ばれることがあります。スイーツは種類だけでなく、味もたくさんあるのでいろんな美味しさを堪能することができます。スイーツのギフトも簡単に購入することができます。

和菓子も選ばれている

スイーツのギフトですが、洋菓子だけでなく和菓子も選ばれています。特に人気が高いのが羊羹や最中、饅頭です。どれも種類が豊富で、いろんなものを選ぶことができます。これら以外だとおかきやおせんべいもあるので、甘いものがそんなに得意じゃないという人にはベストです。

紅茶のギフトもある

スイーツと同じく、紅茶のギフトも人気があります。紅茶のギフトは茶葉だけでなく、焼き菓子が付いたセットもあります。中には紅茶を美味しく淹れることができるようにとマニュアルやレシピが付属しているものもあります。

結婚のお祝いを贈る前に確認

お祝いの相場ってどのくらいですか?

特に決まりはありません。一応目安として友人であれば1万円から2万円、会社の同僚であれば最低は5千円から最高で1万円程度ぐらいです。目安の金額にあったギフトはたくさんあるので、スムーズに選ぶことができるでしょう。

結婚の祝いに適したものってなにがありますか?

生活に役立つ日用品がベストです。食器などのキッチン用品、家電、そしてインテリア雑貨などが該当します。家電ですが掃除機などだけでなく、キッチンで使用できるホームベーカリーなどもいいですね。いろんなものがありますよ。

選ぶのはダメ、という品物はなんですか?

結婚のお祝いには、縁を切ることを連想させるものを選ぶのは良くありません。これに当てはまるのが包丁やハサミなどがあてはまります。ですが、相手がそれを欲しいというのであれば、選んでも大丈夫でしょう。常識知らずだと思われないよう、事前に何が欲しいか聞いておくという手もありですね。

お祝い金を贈る際、偶数はダメって本当ですか?

偶数は駄目です。なぜ偶数が駄目なのかというと、数字を割ることができるからです。割るというのは壊れると同じなので、このことから偶数の金額は駄目と言われているのです。偶数以外だと死を連想させる4、苦を連想させる9も駄目です。

結婚式当日に品物を渡すのはあり?なし?

なしですね。結婚式当日はとても忙しい日になりますし、帰りに荷物が増えることで負担になってしまいます。アポを取って後日渡しに行く、もしくは郵送するといいでしょう。郵送の場合、お祝いの意を込めた手紙も添えておくといいでしょう。

広告募集中