お返しについて

プレゼント

お返しのマナー

結婚祝いのギフトをもらったあとは、お返しをする必要があります。お返しもお祝いと同じようにどのようなものを贈ったらいいか、どのようにしたらいいか考えさせられます。スムーズにお返しをするためには、予めマナーの確認や段取りを決めておくといいでしょう。

まずはお礼を伝える

まずお祝いを頂いた時ですが、必ずお礼の電話をすることが大事です。お礼の連絡をやっておくことで、品物が届いたことを相手に知らせることができるからです。直接手渡しされた場合はもちろん、その場でお礼を言いましょう。

金額設定について

お返しの品物ですが、贈るものだけでなく金額設定はどのようにしたらいいか悩みます。お返しの際ですが、基本的には頂いた物の半額程度と言われています。目安の金額を把握するために、頂いたものの値段を調べるといいでしょう。おおまかな金額で大丈夫です。

贈る際の注意点

金額設定やお返しの品物を選び終えたら、あとは相手に贈るだけです。贈る際の注意点ですが、期限は基本的にもらってから一カ月以内です。お返しが早すぎると結婚祝いを待っていました!という印象を与えてしまうので、もらって一週間後ぐらいがベストです。

結婚祝いのお返しだけじゃない

お祝いのお返しですが、これは結婚祝いだけではありません。出産祝いなどのお返しなどにも言えることです。スムーズにお祝いのお返しができるように、予めマナーの確認、品物選びができるようにしておくといいでしょう。

広告募集中